熊本ボランティア活動2

(2日目の活動)

p1080591朝、チーム九州の会議室で本日の内容確認の会議を行った。ハンドマッサージやアロマティーは終日行い、昼前後、仮設や避難所に残っている人たちと「合唱・歌を通して」元気を取り戻すことや仲間との絆を深めてもらうことを目的にカラオケを行った。また、子ども達への『学習サポート・寺子屋』も行うこととした。
<アロマハンドマッサージ>
アロマハンドマッサージを施しながら、ホッとしたときにこれまでの様子を徐々に話していただけるケースがとても多い。また、終わった後には必ず「気持ちよかった。ありがとう」の言葉を返してもらえるのが、参加者の水瀬さんはうれしく感じ、やりがいにもつながったと振り返っていた。                                           <寺子屋学習会>
子ども達は22日より学校が再会し、2学期が始まった所であった。夏休みの残りの宿題なども若干手伝えることができた。今回、当NPO法人きょういく環境プロデュースに参加した唯一の教員希望の大学生が目を輝かせて、熱心に学習を教えていた。学習支援は子ども達にもよい機会になったと感じた。